ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

一風変わった幼稚園・保育園を選ぶということ(オット)

オットです。

 

子どもの保育園・幼稚園を決めるときに一番の障害になるのは、周りの意見ではないでしょうか?

それで、自分の判断に自信がなくなったり、説明に疲れてしまうことが一番の障害ではないでしょうか?

 

特に、我らの子どもに行かせたい園は、あまり一般的ではありません。

この地域で、一学年に10人くらいです。めっちゃ少ないです。

小学校で一人いるかいないかです。

 

こういうとき、想定されるのは、周りの「なんでそこにしたん?」って声だと思います。

この言葉に隠されているのは、「変わり者だ」、「一般的なものにしないのはどうかしてるぜ。」って言葉です。

 

でも、一番大事なのは、子どもに向くかどうか、そして親として信頼することができるかではないでしょうか?

一般的なものかどうかではありません。

 

 

もちろん、入りやすさとか通いやすさも大きい要素だと思います。

保育園とかは、待機児童数によっては、選べないこともあるかもしれません。

 

でも、選べるならば、子どもに向いたところを選んであげたい。

 

そして、やってみて合わなければ、方法を変えたらよいのです。

周りの目を気にして、不本意なところにいれるのはオットは何かが違う気がする。

 

ほなね。