ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

本当に大事なのは、問題それ自体よりも再発防止策じゃないの?(オット)

オットです。

 
ちまたではマンション傾斜問題が話題です。
でも、オットはこの報道を見ていて、大きな違和感を感じるのです。
 
マンションの問題、エンブレム問題、そしてこのブログで再三取り上げている神戸市議会の政務活動費問題もそうなんですが、報道のウェイトがおかしいと思います。
 
こういう問題が起こったときの報道はこんな感じです。
 
「これが問題だ!」って指摘し、
「他にもこんな問題や懸念がある」って不安を煽り、
「原因はこれじゃないか?」って推測し、それに対して
「でもこんなことが難しくて」って専門家の言い訳を紹介する。
 
それが悪いわけではないんです。
 
でも、本当に大事なのは再発防止策とその実施時期じゃないでしょうか?
 
どんなことでも完璧なことはありません。
必ず問題が起こります。
 
その問題を減らすためには、地味で地道な対策が必要です。
 
例えば、神戸市議会の政務活動費問題では、会派の代表が集まって、不正支出をなくすための対策を11項目行うよう合意したようです。
 
対策の一歩です。素晴らしいと思います。
 
でも、この11項目はどの新聞にもネットにものっていません。(オット調べ)
そして、この対策がいつからなのか?どういう経緯で発行するかについても書かれていません。
 
対策が適切かが一番大事なはずなのに、報道されない。
皆で確認できない。
 
視聴率がとれないのかもしれませんが、一番大切なところの報道が抜けてませんか?
 
ほなね!