ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

子どもを持つ可能性がある人はぜひ見てほしい・ドラマ「コウノドリ」第一話感想(オット)

オットです。

 

遅ればせながらドラマ・コウノドリの第一話を見ました。

金曜ドラマ『コウノドリ』|TBSテレビ

 

いや、第一話にして最初から最後までクライマックス。目が離せない展開でした。

「最終回だ」とか「映画だ」とか言われても納得するくらいクオリティが高かった!

これから見る方は涙をふくタオルの準備を忘れずに!

 

「マザー・ゲーム」に「37.5℃の涙」に「コウノドリ」とTBSは子育て世代である僕の琴線に触れまくりますね。

 

さて、実は僕は妻が妊娠する前は、子どもって10か月たったらすこんとスムーズに産まれてくるものだと思ってました。

 

その幻想を粉々に打ち破ってくれたのが、この「コウノドリ」の漫画版でした。

妊娠中のマイナートラブルから大トラブルや事故まで、この漫画が取り扱う分野は多岐にわたります。

そのなかには経験したものもあるし、経験しなかったものもあります。

 

僕はこの漫画、そして妻の出産を通して、「出産は奇跡なんだ!」ということがわかりました。

その漫画の世界観がそのままに、映像により臨場感を加えて僕たちの目の前に提供してくれています。

 

だから、これから子どもを持つ可能性のある人は、ぜひ見てほしい。

そう思います。

 

来週以降も楽しみです。原作を読みながら待つのもよいかもね。

 

コウノドリ(1)

コウノドリ(1)

 

 

ほなね。