ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

干渉しすぎの義実家との戦い。頑張れ、友だち夫婦(つま子)

つま子、ツイッターからの転載です。

友人の義実家の干渉がひどいらしく、ついついツイッターに長文を書いてみました。

 

『息子が休日診療に行った』『新婚旅行に行くのに足がないだろう』『産後、息子と孫の世話をしないと』などと、義両親が友人一家の困り事を見つけてきて、頼んでいないのに世話を焼いていたそう。

しんどくなって断ったら今度は、おすそわけとか孫にプレゼントだとか、おみやげ渡すからってことで、友人夫婦と関わろうとしたり、ダンナさんの兄弟やその配偶者を使って、友人夫婦の状況を知ろうとしてきたんだってさ。ちょっと怖い。。

 

で、孫への品物は、すでに家にあるもので、かぶってることが多いそう。

『事前にあるかどうか、そして何よりもいるかどうか親に確認はない。同じものが二個あることよりも『同じものがあろうとなかろうと、これを使いなさい』と義実家から強要されてるような圧力がしんどい』とは、友人の弁。

 

こういう気持ちになるのが嫌で、友人は義両親の前で『うちの子はこういうおもちゃが喜ぶんですよ』と伝えたけど、結局は事前確認なく、家にすでにあるものを買ってくるんだ、と。プレゼントを渡す相手が喜んでくれることよりも、『プレゼントしてあげた』自分自身に満足してないか?

 

そんなに、友人夫婦の日常を知りたいのか?

知ってどうするんだ?

もしくは、友人夫婦に『ありがとうございます。私たちは義両親さんがいないと、生活できません』と言わせたいのか?

もしくは、第3者に『私たちは息子夫婦と孫と、仲良しなんです』とアピりたいのか?友人夫婦の新居や車や結婚式、婚約指輪、産院選びなどにも義両親は大きく干渉してきたらしいけど、理由は『安物や下品な物や事を選択したら、品格が落ちて恥ずかしい。』か『私たち(義両親)が選んだものが一番良いものなのだから、従え』のどちらかなんだろうなー、と友人の話を聞いてて思う。

 

友人は介護職、友人実父はブルーカラー

義両親から『介護職はちょっと。ケアマネとかならまだしも』『実父の兄弟もみんなそんな仕事か?』と言われたそうだ。理由は前述の2つか、両方なんだろうな。

 

義両親、干渉しすぎ。職種で人を判断するな!(←友人の代わりに言った)義実家から自分たちの満足よりも、見栄や品格(=他者の目)を気にしろとの要求、大変だと思うけど、自分らしく生きるために戦っている友人夫婦にエールを送りたい。

ま、こういうの連鎖だから、義両親もその親から見栄と品格を求められた被害者だ。(その寂しさ埋めを友人夫婦が担うのは違うけど)。

かくいう私も人の親。

明日は我が身にならないように、うちの乳児を私の優越感やプライドを満たすツールにしないように気を付けたい。

 

ほなね。