ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

民主党の国会議員の方々。暴力行為をつつしんでもらいたい!(オット)

オットです。
 

小学生の暴力行為数が過去最悪、というニュースが流れてきました。

 
そして、同じ日に安保関連法案の「強行採決」というニュースがありました。
 
この2つのニュースを見て、小学生の暴力行為を助長しているのは、我々大人ではないか、と思いました。
 
だって、日本を代表する国会議員だって、暴力行為をしているもの。
大人ができないことを子供に求めるのはどうなのよ?
 
本来、民主主義のルールは多数決です。
で、多数決で決まったことに従うことがルールです。
それが、正しいと思うことであろうが、そうでなかろうが、です。
 
今回、野党の皆さんは、法案を批判しました。
それでも、与党中心に賛成する議員数が多いので、法案が通りそうです。
 
このまま多数決では負けます。
 
その時、彼らは何を思ったのか?
議事が進行しないように、議長席に詰めよって、防ごうとする与党議員と揉み合い、掴み合いの喧嘩です。
 
最後は暴力に訴えています。
 
これが国会議員のするべきことでしょうか?
この行為をみている子供たちに「暴力行為はダメだよ」と自信をもって伝えれますか?
 
暴力行為はつつしんでいただきたい!
 
ほなね。
 
以下、なぐり合う議員先生方(朝日新聞より)

f:id:daskek:20150918193909j:plain