ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

領収書を公開すれば、きっと不正はなくなる。政務活動費不正支出に思う(オット)

オットです。

 

このブログでは、何回かにわけて、神戸市の政務活動費の不正支出について書いています。

今日は、不正支出の解決案について書きたいと思います。

 

この問題の発端は、故・大野一元市議(大野はじめ)氏が委託したアンケート業者が実際には住所に存在しなかった。ということがわかったことです。

 (大野はじめ先生は「政務活動費の不正支出が横行している」という地元の問題に気づかせてくれた大事な先生です。今週のお題の「思い出の先生」にふさわしいかも(笑))

 

他の市でも、チラシの印刷業者が電話が通じない。所在地に存在しないということから問題が発覚したというケースがあります。

例の野々村号泣議員も、「こんなに出張に行けるはずがない。架空の出張を記載しているに違いない。」ということから発覚しています。

 

架空の業者に委託を行ったふりをする、架空の支出を計上するというのは、どうやら政務活動費を不正に支出する際の常套手段のようです。

 

どの問題でも、情報(領収書)を公開することにより、(誰かが調べ、)問題が発覚しています。公開すれば、不正を抑えることができるのです。

 

この領収書の公開というのは、実はすごいビジネスチャンスも生みます。

 

議員にとっては、コストを公開することにより、

「こんな高い値段を払っているの?この方法だと安くできるよ」と提案を受けることができるようになります。

一つ一つの活動の単価を抑えることができれば、同じ金額でたくさんの政務活動をできるようになるのです。

それはその議員の価値を高め、政治の世界での生き残りに貢献します。

良いことですね!

 

有権者にとっても、コストを公開することにより、議員さんが安いところを選定するようになるので、税金の無駄遣いをされなくなります。

良いことですね!

 

業者にとっても、コストを公開することにより、適正な競争が産まれることになります。

今までは地元だけの戦いでしたが、今度は全国が相手になります。

付加価値を生まないと生き残れませんね。

厳しい目を向けられることで、特徴(や付加価値)を作ろうと頑張ることが企業としてのレベルアップにつながります。

良いことですね!

 

不正も防ぐことができるし、3方良しじゃね?

 

ということで、領収書はじゃんじゃん公開していきましょう!

神戸市議会のみなさん、神戸が全国の模範となるチャンスですよーーー!!

 

ほなね。

 

過去の経緯はこちら↓

 

1.大野はじめ市議の体調が心配です(苦笑)神戸市・政務活動費不正支出問題(オット)

2.不正支出で1,500万円も使い込んだ大野はじめ市議の新年会が凄い件(オット)

3.大野一市議の体調不良は本当ですか?病状の報告を待っています!(オット)

4.詐欺をしても逮捕されない人たち。政務活動費不正支出問題(オット)

5.「あなたは大事なものを見失っています!」大野一神戸市議政務活動費・不正支出問題(オット)

6.どんだけ議員という役職にしがみつきたいの?大野一神戸市議(オット)

7.大野一神戸市議のご冥福をお祈りするとともに、真相究明と再発防止をお願い申し上げます(オット)

8.誰でもできる、「裏金」の作り方・神戸市政務活動費問題(オット)

9.「とかげのしっぽ」を切ったら、それで終わりじゃないよ!神戸市政務活動費不正支出問題(オット)

10.不正支出に絡んだ議員の一覧・不正防止策の検討会に期待しています!神戸市議政務活動費(オット)

11.みんな、もうちょい地方政治にも関心持とうぜ!神戸市政務活動費不正支出(オット)