ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

怖がりの人でも大丈夫かも。「暑い。少しでも涼しくなりたい。」と思ったときにお勧めの本(オット)

オットです。

 

毎日暑い日々が続いております。少しでも、涼しくなりたいですよね?

 

そこで。今週のお題「読書の夏」

読書大好きなオットとして、このテーマは外せませんな(ニヤリ)

 

夏の読書と言えば、「少しでも涼しくなりたい」、って思ったら、

「ほーらー、あなたにとって、大事な人ほどすぐそばにいるよ♪」(モンゴル800「小さな恋のうた」)

 

ということで、「ホラー」ですね!

 

はい、寒いギャグで若干涼しくなってきました(汗)

 

実はオット、怖い話を読むとすぐ寝れなくなります。

ええ、ホラーは苦手です(泣)

でも、オットでも読めるホラー小説もあるんです。

 

それは、「ホーンテッド・キャンパス」

ホーンテッド・キャンパス (角川ホラー文庫)

ホーンテッド・キャンパス (角川ホラー文庫)

 

シリーズが現時点で7冊でており、一冊目は、何気に、「第19回日本ホラー小説賞読者賞」を受賞している作品です。主演、中山優馬で2016年映画化も決まっています。

 

こんなあらすじです。

幽霊なんて見たくもないのに、「視えてしまう」体質の大学生が主人公。

片思いの美少女のために、いやいやながらオカルト研究会に入ることに。

ある日、オカ研に悩める男が現れた。

その悩みとは、「部屋の壁に浮き出た女の顔の染みが、引っ越しても追ってくる」というもので…。

次々もたらされる怪奇現象のお悩みに、個性的なオカ研メンバーが大活躍。

 

テイストはすごくライトノベルなんですけど、取り扱っている事件は、実際にあったらすごく怖いです。

ライトノベルっぽく、恋愛も主軸で語られるんで、怖いの苦手な人でも読めるんじゃないかな?

オットは楽しく読めました。

 

ということで、夏の夜を少しでも涼しく!ホラー小説を読んでみるのはいかがでしょうか?

 

ほなね。

 

P.S.もちろん怖かったら、「本を閉じる」「昼間、たくさん人がいる明るいところで読む」という勇気も大切です。