ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

27時間テレビよりも本気だった「ビートたけしのいかがなもの会~テレ朝夏祭り!!バラエティ番組集結スペシャル~」(つま子)

つま子です。

「テレビの本気を!」ということで、

なんだかんだと話題にはのぼったものの、

視聴率ではイッテQに負けてしまった27時間テレビ

 

それよりも、テレビ朝日のほうがよっぽど「テレビの未来を本気で考えてる」内容でした。

【ビートたけしのいかがなもの会】豪華お笑い芸人が怒る!芸能界・テレビのいかがなものとは? - NAVER まとめ

>わずかな視聴率の差で、出演者もスタッフもテンションが変わるのはい>かがなものか?

>行列を無視していともたやすく食事にありつけちゃうリポーター

>そのスタジオで、予約が半年待ちの商品がスタジオでいともたやすく食>べられる

>ワイドショーで結論を導かずお決まりのコメントでまとめてしまう司会者

 

などなど、視聴者が「これってどうよ?」って思ってることを

わりと話術ある中堅芸人を配置して、トークしてました。

 

で、芸人側もたけし(27時間テレビは本気本気言っておきながら、しっかりと若手を守ってくれるポジションの大物芸人は配置されていなかった)がいて、いろいろと共感してくれてるから、やりやすそうでした。

 

コンプライアンスや何やと言って、規制が厳しくなってきて、

おもしろくないテレビやバラエティ番組が増えているのに、危機感を持っているのは(おそらく)テレ朝も同じ。

でも、テレビの危機について、見やすくわかりやすく面白く視聴者に届けるセンスは、正直テレ朝の方が上だと思いました。はい。

ほなね!