ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

詐欺をしても逮捕されない人たち。政務活動費不正支出問題(オット)

オットです。

 

このブログでも何回か取り上げてきていた神戸市会議員の大野一氏(「大野はじめ」先生)の代理人弁護士が政務活動費の1,130万円について架空請求だったと認めました。

 

ていうか、本人じゃなくて、代理人の弁護士?

ご本人は「入院中」とのことですが、追求を逃れるためのような気がしませんか?

www.sankei.com

 

7月頭にご本人がメディアの前で、ちゃんとアンケート委託したと述べられていました。

www.kobe-np.co.jp

有権者の我々からすると、ご本人はお金は返しているものも、謝罪もしていない、説明もない。どうなっているんだ、という思います。

 

後援会の人々も「詐欺師」を周りに薦めていたということで、きっと胸が痛いでしょう。

 

詐欺師と言えば、号泣会見でおなじみ「ののちゃん」こと、同じ兵庫県の野々村竜太郎元県議会議員ですね。

彼も詐欺を働いた後、お金は返したそうです。

そして、逮捕されていないんですね。警察は書類送検しただけみたいです。

 

素朴な疑問なのですが、国会議員と違って地方議員は法律上では逮捕できるのに、逮捕しないのはなぜなんでしょ?

何か後ろ暗い人たちの思惑は絡んでいませんか?

 

というか市民の代表ですので、悪いことをしたらその分しっかり罰を受けてもらわないとわりがあわない気がしてなりません。

職権の悪用を防ぐためには、刑務所での実刑判決が妥当でしょう。

大野一市議の件、ぜひ兵庫県警には頑張ってほしいものです!

 

ほなね。

 

こんな記事も書いています。

daskek.hatenablog.com

daskek.hatenablog.com

daskek.hatenablog.com

daskek.hatenablog.com