ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

27時間テレビ2015「出るとこ、引くとこの違いが分かっていない」(つま子)

つま子です。

しばらく、27時間テレビの話題いきますよ。

 

こんなネットニュースが出てました。

明石家さんま 木村拓哉を映そうとしない27時間テレビスタッフに激怒 - ライブドアニュース

そりゃ、具志堅さんが肘を冷やしてるのよりも、木村拓哉がバンジー飛んだあとの方がみんな見たいでしょ。

 

大久保さんが88キロマラソン、ゴールして坊主にすることになった加藤浩次。さぁ、バリカンが入るっていう瞬間に画面が変わって、提供になったり。坊主になった瞬間は放送されず。

いやいや、バリカンが入った時のリアクションとか

加藤の表情が見たいんですよ。

そんな引っ張り方しちゃうと、提供読みをする新人アナウンサーに日の目が当たらないから、だめですよ。

 

FNS27時間テレビ ホンキーダンスの剣詩舞(剣舞と詩吟の片川兄弟) ナイナイ岡村の妨害に批判殺到 - NAVER まとめ

ホンキーダンス選手権のときも、こういう演出をしちゃうわけですよ。岡村さんが見せ場を持って行って、どうするのよ。もっと、子どもたちにとっても適切ないじり方があるんじゃない?

 

とくに、テレビや芸能の世界では、

「今、自分が引くべきか出るべきか、誰を立てるべきタイミングなのかちゃんと見極める」っていうの大切ですよね?その上で、自分たちが目立つべき場面には、全力投球する、と。

 

去年、24時間テレビでマラソンを完走した城島リーダーの応援に来たTOKIOたち。「関ジャニ24時間テレビだから」とメインパーソナリティの関ジャニ∞を立てるために、リーダー以外はステージに上がりませんでした。

今年の27時間は、SMAPがしっかり盛り上げるだけ盛り上げて、引くところをちゃんと引いて、めちゃイケメンバーを盛り立ててました。

ひな壇芸人もそうですよね、サッカーの試合のように爆笑というゴールに向けて、チームプレーでやっているわけです。出るとこ、引くとこの違いを認識するって言うのは、テレビに出る人の最低条件ではないかと私は思うぐらいです。

 

そのあたりの美学を分かっていないスタッフが番組づくりをするから、

(しかも、視聴者が見たいと思うものとズレている)

視聴者が見ていてイライラするようなことになるんじゃないかな。

 

そして、今年の総合司会はナイナイで、めちゃイケチームが取り仕切っている27時間テレビなんだけど、そのナイナイやめちゃイケチームを支えようとしている、SMAP中居くん(一応、立場はナイナイをサポートする人)に負担をかけすぎて・・・

SMAP中居がナイナイの「27時間テレビ」グダグダ進行にマジギレした理由 | アサ芸プラス

この記事では、ナイナイが悪いってなってるけど、

私は「スタッフの演出」が一番の原因なんじゃないかなと思ってます。

岡村さんが子どもにお面をかぶせてダンスするっていうのは、スタッフからの指示でしょ。

 

ここからは、私の推測ですけど、

岡村さんや矢部っちも「何か違うんだけど、これが面白いのかな?」って違和感を感じながらやったあげく、グダグダ進行になったのでは?

 

ただ、全編を通じて、ナイナイは全くもってやる気なさそうだった(もしくは、そのように見えた)けどね。特に、矢部っち。

中居くんと矢部っち、司会進行の役割も中居くんに担わせたら、そりゃ矢部っちもすることないわな。自分の立ち位置を見つけられないまま終わったというところか。

フジテレビも「今年の27時間、めちゃイケでやる!」と決めたんだったら、ナイナイに任せなさいよ!この人たち、キャリアあるし(笑)

それもできず、安易に「長時間SMAP出しておいたら、視聴率取れるだろ」じゃなくて、中居くんにここまでさせるのならば、もっと事前番組とかでも「3人でやります」ってPRしないと、かわいそうですわ。

こうやって、出演者のモチベーションを下げるようなことばっかりしてて、どうするんですかね、フジテレビ。

 

また、ちょくちょくこれからのテレビについて考えてみようと思います。

テレビっ子だったのがやっと役立つ日が来そうです(笑)

ほなね!