ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

会議をするなら、まずは何を決めるか決めましょう・大阪会議(オット)

オットです。

 

大阪都構想」が否決され、自民党が大阪の戦略や問題解決を進めるために作ると言っていた大阪会議(大阪戦略調整会議)がはじまりました。

 

大方の予想通り、会議は空転し、会長の権限や議題、第二回の日程を決定することができずに終わったようです。

www.yomiuri.co.jp

 

この結果は、橋下市長の「大阪会議は役に立たない。何も進まない」という言葉を証明する形になりました。

 

多くの人が感じているだろうことですが、日本的な会議では様々な思惑が絡まり、何も決まりません。時間が過ぎていくだけです。

それを印象づけた点で、橋下氏のメディアや我々一般人に対する見せ方はすごくうまいな、と思います。

 

自民党の「都構想は認めない」「維新色を弱くしたい」気持ちはよくわかります。でも、そこでバトルするのは逆効果です。

橋下氏の戦略に乗ってしまっています。

「大阪会議は大阪の問題を順次解決できる会議」とPRすることが先決です。まず、小さな内容でも決めること。それが一番です。

 

今回、やっぱり会議では改革は進まない、という印象を受けました。

 

橋下氏が引退しても、「変わらない現状」に対する不満は、維新的勢力の台頭を進めることになります。

現状を変えるため、「強いリーダーシップ」を求める声は高まります。

この調子だと「第二の橋下」が出てくる日も遠くないでしょう。

 

ほなね。