ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

平和憲法を守りたい人集まれ!Let's 憲法改正!(オット)

オットです。
今回、衆議院を通過した「安保法案は違憲だ!」っていう学者さんはたくさんいます。
そして安保関連法案は、「海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊する」という意見があります。
 
一方、現在の憲法は「アメリカによる押し付けられた」、「日本人自身が考えた憲法を作りたい」という意見もあります。
 
でも、むしろ、アメリカが作ったものであろうが、日本が作ったものであろうが、「正しいこと」そして「現在の日本にあっているか?」で判断しないといけないのではないでしょうか?
 
社会は変化します。価値観も変わっていきます。
環境権とかプライバシーとかは今の日本国憲法ができた後にできた考え方です。
そういう新しい考え方を入れるために憲法も変わっていくべきではないでしょうか?
 
さて、改憲派護憲派の一番の争点は「戦争の放棄」を謳った憲法9条なことは間違いないと思いますが、いかがでしょう?
多分、異論はないと思います。
 
さて、下に引用したのが憲法第9条です。
この条文、読んで「おかしい」って思いませんか?
 
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 
 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
オットがおかしいと思うのは、2点です。
 
1点目は、2項で「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と書いていることです。
では、自衛隊は戦力ではないのでしょうか?
戦車やイージス艦、戦闘機、支援戦闘機爆撃機)、これは戦力じゃないですか?
 
どう考えても戦力でしょう!
これに対し、定説では、
「前項の目的」=「国際紛争を解決する手段」としては武力や兵器を持たない「自衛のための自衛力は否定していません」と言っています。
詭弁の香りがプンプンします。
 
2点目は、「国の交戦権は、これを認めない」と書いていることです。
交戦はダメなのに、自衛のため、他国からの攻撃を防ぐのはOKなのでしょうか?
 
現行法だと、外国の攻撃から国民の権利を守るため、必要最小限度の「武力の行使」は許されています。
でも、「交戦権」は認めないのに、「武力行使」がOKなのも変な話です。
詭弁の香りがプンプンします。
 
この2点、今の憲法は現状にあっていません。
こんな怪しい条文だから、どんどん拡大解釈されるんです。
「同盟国の船を守る」とか言い出すんです。
本当の平和憲法をつくるために、憲法を変えましょう!
 
自衛のための武力行使も、武力を使うことには変わりません。
この際、それも禁止しちゃいましょう!
 
日本を戦争に巻き込むかもしれない安保条約は破棄しましょう!
そして、自衛隊は武器を放棄して、防災隊に変えましょう!
 
 
色々書きましたが、
自衛隊に守ってもらっていて、在日米軍に守ってもらっていて、「安保法案は違憲だ」「平和憲法を守ろう!」と言う人は現実を見ていないと思います。
そう思うなら、まず矛盾がある憲法を変えようよ!
 
オットはそんな改正はごめんです。
 
ほなね。