ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

実際、介護するとどんな感じで大変なんだろう?(つま子)

つま子です。

またもや、介護関係の話です。

前回↓

 

「(私は福祉の勉強をしてきたのですが)実際、介護がはじまると何がどう大変なのかを、うまく説明できなかった」のがちょっと悔しかった(笑)。

ワタシも語彙力を増やして、説明できるように、介護ってどんな感じなのかイメージがつきそうなサイトを集めてみました。

<その1>

認知症になった家族の介護、一体何が大変なの? | 介護ライブラリ

なるほど。肉体的・精神的になかなか大変っていうのが

具体例込みで分かりやすかった!です。目をちょっと離したすきの事故も怖いですよねぇ…。

 

<その2>

壮絶でした。|考えよう!親とのこと|ウィメンズパーク

ここに介護体験記がたくさん投稿されてるんですが、閲覧数1位のものです。親が63歳、自分が38歳の時に、介護スタート。「施設に預けることは悪くない」っていう言葉にすごく説得力があります。

他の体験記も読んでみようと思います。。。

 

<その3>

老親介護 息子・娘が100%イラつく「あの瞬間」 介護の常識・非常識【5】:PRESIDENT Online - プレジデント

これは、ありえますなぁ。介護度を認定するために家に訪問調査員さんが来たとき、親ががんばりすぎて正しい介護度にならなくって、ついイラッとしてしまうという(汗)。介護度が高くなると、介護保険で使えるサービス、増えるし(笑)。

 

<その4>

突然始まると悲惨!親と子で「介護」の話をしよう|今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ|ダイヤモンド・オンライン

ふむ・・・。親子で老後に対してのすりあわせが出来ていなかったら、子どもが大変っていうだけじゃなくって、親の思いを尊重した人生のクライマックスを迎えられないもんねぇ。でも、突然なかなか話しにくいよね。「ねぇ、お父さんって、財産いくらぐらいあるの?」「エンディングノート、書いてくれない?」なんて子どもや嫁が言い出したら、ビビるはず。

うまーく、そういう話に持って行くのが大切だね。

 

とりあえずは、もうちょっと介護の話をしらべて、興味深そうなものがあったら、紹介しますね。

ほなね!