ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

祖父母さんに大声では言えない、ママの本音(つま子)

つま子です。

このブログでは、お嫁さんから見た嫁姑問題を書いているわけですが、

もしかすると「嫁に嫌われず、孫を連れていつでも遊びにきてくれるようなじいじ・ばあばになりたい」と思ってる義祖父母(舅姑)さん、祖父母さん(実両親)もいるかもしれません。

 

とくに、実子ではなく、嫁に対しては、

「嫁は、遠慮して何にも言ってくれないから、思惑がわからない」ことも多いかもしれません。なるほど。

ただ、(姑さんには、自分が嫁いだ当初のことを思い出してもらうと)嫁から舅姑さんに何かを要求したり、意見したりするのは、非常に難しいし、物をもらったり何かをしてもらったときに「うれしいというよりも、何だか心にモヤモヤが・・・ん?」っていう違和感は、口が裂けても舅姑さんには、言えないことでしょう。

 

というわけで、今日は舅姑さんや実両親の子育てと大きく変わっていることと、嫁が祖父母に何をしてほしいのかをまとめてみることにします。

 

1.昔の子育てと変わっていること

 

子育てハッピーアドバイス ようこそ 初孫の巻 ~孫が幸せに育つために

子育てハッピーアドバイス ようこそ 初孫の巻 ~孫が幸せに育つために

 

 ↑を参考にしています。

・授乳は赤ちゃんが欲しがるときが基本(ミルクだと例外あり)

・うつぶせ寝が推奨されたのは過去

・湯冷ましは不要

・離乳食に向けて、果汁やスープはいらない

・アレルギーの子には、少量でも食べさせない、触れさせない

・虫歯菌がうつるので、スプーンは共用しない

・高熱が出る=頭がおかしくなるわけではない

・歩行器は早く歩かせるための道具ではなく、おもちゃ

・三歳児神話に合理的根拠はない

などなど。なので、正直これらのことを子どもにしたり、

嫁に強要させると、子どもを祖父母に合わせたくない人も多発するのでは。

とはいえ、祖父母たちも今の子育て常識を知る機会も少ないと思うんで、嫁はイライラ、祖父母も「私の時は、これが当然だったのに」とイライラするぐらいなら、揉めたり疎遠にしないと心身の健康が保てなくなる前に、前述の本を義実家・実家にプレゼントして、少しでもお互いの意見の相違を埋めた方がいいのかもしれません。

この本には、昔と今との育児の違いだけじゃなく、祖父母としての考え方、例えば「祖父母は、夫婦の子育て方針をまず認めて、夫婦をサポート。母親の子育てを否定せず、ほめる」ことが必要と書いてあります。夫婦の子育て方針を認めてほしいって、なかなか面と向かっては言えないけど、伝えたいことではあるので、本でこういう風に言ってくれると、嫁にとっても大きな自信になるし、非常に助かります。はい。

うちも、両家にこの本をプレゼントして、読んでもらいたいです。

 

2.嫁に祖父母に何をしてほしいか

大手小町で、なかなかおもしろい質問を見つけました。

孫を可愛がる舅・姑に、言いたくても言えない事 : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

これ、姑さんが「お嫁さん、舅・姑にこんなことされると迷惑ってことがあれば、教えてほしい」と立てたスレ。

舅姑さんだけでなく、実両親にも当てはまるものもたくさん。

 

 で、嫁からはいろいろと意見が出ていました。今はベビーパウダーは使わない、高額なものを買い与えないでなどなど。

でも、一番重要なのは

・別世帯だとしっかりわきまえて、しょっちゅう来ないでor頻繁に呼びつけないでほしい

(関係が良好であっても、月1回が限度っていう声多数)
・嫁が頼んできたこと以外、口出しや手を出さないでほしい
(困ったときは、嫁からお願いするんで。張り切られれば張り切られるほど、嫁は遠慮してしまう)

 

と、いうことのようです。孫のことに関する、パパママと舅姑さん・実両親との距離感のはなしだね。

 

******

わが家の場合・・・

実母:果汁をあげないと、だとか、テレビでこう言ってたとか根拠があるの?なことをたまに言ってくるんで、「なるほどねぇ、でもね、本当はこうみたいだよ」と毎回伝えてます。

実父:冬に「孫が薄着すぎる、手足も冷たいし、風邪をひく!」と実母を通じて毎回言ってきてました。(子どもは体温が高いので、大人より一枚少な目が良いし、手足がつめたいのは、そこから熱を放出して体温調整しているから)「お前がちゃんと育児してるのか心配だ」「風邪なんか、引かさないように頼むぞ」とぎゃーぎゃー言ってくるのがしんどかったです(笑)わが家の許可なく、孫を見せたくて、法事の帰りに勝手に親戚連れてくるし。

なので、「私も30過ぎの大人だし、子育ての責任者は私とオットなんで、頼まれなくても子どものことはちゃんとする。誰もお父さん(実父)に責任取れなんて言ってない。いちいちしょうもないことを言わないで!!」と、電話でキレました(苦笑)。というわけで、頻繁に孫と会わせると、やいやい言ってきそうなんで、適度な距離感で3か月に1度ぐらいでいいかなって思ってます。

 

 義両親:まぁ、非常に申しあげにくいですわな。

でも、この流れだと書かないわけにはいかないんで(汗)言葉を選んで、書いてみますわ。

本当に、子どもやオット、つま子のことに気を配っておられ、私たち一家の状況を常に把握して、関わったり手伝ったりしたい、同居家族のような密接した距離感でつながっていたいと思っておられるようです。ただ、オットや特につま子が心地よいと感じる距離感とは、隔たりがあるような気がします。その隔たりが、孫が産まれてから、今まで以上に顕著になってきてると思います。具体的なエピソードは割愛(笑)。って感じで。

******

祖父母さんも祖父母歴1年生ですもんね。

祖父母さんもパパママも笑顔でいられる関わり方をお互い見つけられたらいいですね。

ほなね!