読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

就職難、ってそんなわけないだろ!?(オット)

オットです。

 

このたび、新卒で就活をしている人から「今年も就職難」という話を聞いて、びっくりしました!

 

だって、製造業の知り合いも、運送業の知り合いも、介護職の知り合いも、保育士の知り合いも、誰も彼もほとんど皆「人が足りない!!」っていっているんだよ?

 

「仕事がなくて人が余っていて困っている」、っていう話も聞かないではないけど、感覚として圧倒的に少数派と感じています。

 

特に介護業界なんて今の有効求人倍率が4倍以上なんだし、さらに派遣もあるだろし、びっくりするくらい売り手市場だよ?

今後も成長が見込まれるし、それこそ、今後もひっぱりだこ!

 

そこで、よくよく話を聞いていると感じたことがあります。

それは人が足りないのは、昔風にいうとブルーカラーと呼ばれる人たちだということ。仕事で体を動かす人たちです。

彼らの仕事はあまり目立ちません。ばりばりキャリアとかイケイケな感じではありません。でも、今の日本を作り、支えてきたのは彼らです。

 

ひょっとしたら、親や親戚から「大企業に」とか「公務員に」とか言われているから、「そういう仕事にはつきたくない」とか思っている就活生が多いのかもしれません。

そして、それが大企業や有名企業の異常な就職倍率になっているのかも。

 

でも、それは自分の就職先を、可能性を狭めていっていますよね?

そうなると子ども自身も親もしんどくなっていきます。

 

自分の子どもには、あまり「これがよい」「あれがよい」って押し付けず、信じる道を歩んでいけるようサポートしていきたい。

まだまだ先だし、口出しちゃいそだけども、そう強く思います。

 

ほなね。