ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

名門小学校合格っていうゴール?「マザー・ゲーム」5話感想(オット)

オットです。

マザー・ゲーム5話をつま子と一緒に見ました。

 

名門小学校に入れるため、夏休みも合宿で精を出して、お疲れ様です。

見ていて、ずーっと違和感を感じてたんですが、違和感の正体は何だろう?、って考えてました。

 

そして気づいた。

ここに出てくるお母さんたち、「名門小学校に入れること」が目的になっている。(ように見える。見逃してたらごめんなさい。)

 

そこには「どんな人間になってほしいから」「どんな職業についてほしいから」って、理由があると思うけど、それがまだ見えない。

だから違和感がある。

 

名門小学校でなければ、成功できない?

名門小学校、確かにアドバンテージもあるかも知れないので、名門に入れたい気持ちもわかる。

でも、例えば「経営者にしたい」って思ったとき、世界的企業を作った孫正義氏だって、稲盛和夫氏だって、名門出身じゃないことも検討理由のひとつにしても良いかも。

 

名門小学校合格は人生のゴールじゃない。むしろ、まだスタートに近い。

小学校・中学校受験は、親の意志での受験になることが多いので、本当にそれしか道がないのか、ってしっかり考えよう。

 

ほなね。