ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

マザー・ゲーム4話「姑&夫と戦わない嫁はズルい」(つま子)

つま子です。

マザー・ゲーム第4話は、聡子(長谷川京子)の家庭がメインでした。

聡子の夫、娘2人、息子、姑と同居なんですが、この姑がくせもの。

孫に病院を継がせたいがために、お受験に熱が入りすぎていたり

バイオリンもきびしく指導しすぎて、息子はつぶれる寸前。娘も跡取りの男の子と自分との扱いが違いすぎることにも気づいてます。

 

しかも、この姑は、聡子への当たりがきつい。高卒から専門学校に通って看護師をしていた聡子の家柄が気に入らないようで、

嫁にだけ味が濃すぎる抹茶を出して、「お味は?」と聞いたり、

孫の成績が悪いと、嫁のせいにして子どもドリルをやらせるのです。

今回は、せっかくがんばって作った幼稚園の行事に使う手芸を切り刻まれてたり、孫がけがをした時には「あなたのせい」と責めてました。

で、夫は嫁姑がうまくいってないことも知っていて、姑が聡子を責めるときは耳栓をしてわれ関せず。

長女は、「おばあさまの言いなりになってばっかり。」と聡子を軽蔑していて、助けてくれず。

 

そんな事情を知っていたシングルマザーの主人公・希子は、夫に「父親としての資格がない。奥さんを守ってあげて」とみんなの前でズバッと怒るのでした。

 

******

普通のドラマなら、ここで聡子が「希子さん、言ってくれてありがとう」って言うだの、夫や姑が「聡子、すまなかった」とか言って反省しそうなもんだけど・・・。

この話の中では・・・

聡子は希子に「わが家は、すばらしい家族がいて、幸せだ」というようなことを言って、へんなことを言うなと怒るのでした。夫も姑も反省するそぶりなし。ただ、後日聡子が希子のところに、希子の愛息の名前入りバッグをつくって持ってきてくれました。

 ******

さてさて、希子が物申した後の聡子の反応、あなたはどう思いますか?

「人前で自分の家の問題をさらされて、かわいそう」

「聡子もなんとかして自分の家庭を守りたかったんだね」など

いろんな取り方はできると思うんですが、ワタシとしては

「その場をとりつくろうんじゃなくて、姑と夫と戦いなさいよ!」

って思いました。

 

そりゃ、完璧主義の聡子にとったら、姑に逆らう、夫にモノ申すなんて、自分が思う良い嫁像からは外れているだろうけど。姑の厳しすぎる教育に子どもへ悪影響も出ているし、子どもの有無にかかわらず、自分をさげすむ姑や守ってくれない夫と暮らすのって、悲しいんじゃない?

こんな人間関係を連日見せられる子ども3人。これもつらいよね。

 

そんな中で、完ぺきな嫁でいるためにとりつくろうとする聡子は、弱いなぁって思いました。自分の人格を否定する人には、「やめて」「嫌」って言わないと、がまんしつづけると、自分がつぶれてしまう。現にそのあたりのイライラを解消すべく、幼稚園でいじめをしてるわけだし・・・。

姑や夫と戦うのは、すごいエネルギーだし、ヤイヤイいいすぎて夫に嫌われたくないっていう気持ちも分かる。下手したら家から追い出されて「離婚離婚」言いそうな姑だし。

でも、あえて「子どものため、自分のために戦って!」って応援したいな。

 

P,S 言うまでもなく、この話で一番悪いのは、姑と夫(泣)。

ほなね!