ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

子どもが成長した先の社会は、どんな社会が良いですか?(オット)

オットです。

子どもが成長した先の社会はどんな社会がよいでしょう?

 

失敗を謝れば許してくれる社会、それとも謝っても許してくれない社会?

暴力ではなく話し合いで解決する社会、それとも暴力で解決する社会?

自由が認められる社会、それとも自由が認められない社会?

未来を目指す社会、それとも過去にとらわれる社会?

 

なんでそんなこと言うのか?、って。

安倍首相のアメリカ議会での演説を全文読んで、素晴らしい文章だなと思ったからです。

新聞報道では、「痛切な反省」という言葉は使ったけど、「侵略」や「おわび」という言葉を使わなかった、って否定的な報道が多いです。

安倍首相のたどたどしい英語も聞き取りにくいです。

そして僕も多くの皆さんと同じように、今の安全保障法制には反対です。

 

でも素晴らしいと思ったのはなぜなのか考えてみました。

 

・今の日本が豊かな国になったのはアメリカをはじめとした他の国の支援があったから。ということを思い出させてくれたこと。

東日本大震災の時もアメリカを含むたくさんの国が支援してくれたことを感謝することの大事さを思い出させてくれたこと。

・太平洋戦争の激戦地・硫黄島で戦った日本の守備隊司令官の孫とアメリカの上陸部隊指揮官の一人が握手をする。パフォーマンスだとは思いますが、過去すごいケンカをしても、意志さえあれば手を取り合える。ということを示してくれたこと。

 

(米国やオーストラリア、インド、ASEANの国々や韓国などと一緒に)「太平洋から、インド洋にかけての広い海を、自由で、法の支配が貫徹する平和の海にしなければなりません。」

 

未来は自由で、暴力ではなく平和的に解決する、失敗を謝ればきちんと許してくれる社会であってほしい。

そんな未来を目指した良い文章だと思います。

一度読んでみるのは、いかがでしょうか?

www3.nhk.or.jp

ほなね。