ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

嫁姑問題は、元カノと今カノみたいなもの(つま子)

つま子です。

前回の嫁姑問題の続きです。

 

世の夫さんたちからすると、「本能だか何だかしらないけど、母親も嫁もおれのことが好きなんだったら、もうちょっとうまくやってくれよ」でしょうが、例えばこう考えてみてはどうでしょうか。

 

嫁と姑は、今カノと元カノ(今の彼女、元付き合ってた彼女)に似ている

ような気がしますぞ。

彼(つまり夫)は、今カノにも元カノにも愛情はある。二人とも大事な存在ですが・・・。

元カノ「彼のことを一番知ってるのは、ワタシよ。あなた、料理や洗濯をしっかりやって、彼をきちんと支えてるの?彼を大事にしてるの?」

今カノ「そんな元カノに言われなくても、ちゃんとしてます。だいたい何なのよ?私たちカップルのことは、あなたには関係ないじゃない」

元カノ「あーら。生意気な女は、彼が一番嫌いなんだよね。彼はこんな彼女でかわいそうだわ」

今カノ「だから、何なんですか。あなた、そもそも元カノでしょう。彼と付き合ってるのは、このワタシなんです。いつまでも昔の彼氏に執着して。」

といがみあっている。

もしくは、そんな思いを持ちながら、元カノと今カノが彼のために、言い争いを起こさないようにがんばって仲良くしてる、そんなイメージかな?

こじらせると、元カノは「あんな今カノ、別れさせてやる!」と騒ぎ、今カノは「こんな目にあってまでもあなたと付き合いたくない」と言って去ってしまう。

ただ、元カノも今カノも性格が悪いわけでも、間違ったことを言ってるわけじゃありません。それが本能だから。

 

さあ、そんなシチュエーションで、彼はどう立ち回ればいいのでしょうか。

・・・世間の夫さんたちにとっても、嫁姑問題って難しいね。嫁も姑さんもできれば穏便にやりたいし、もめたくないんだよねぇ。うーん。

どうしたもんかねぇ。

ただ、ワタシ思うに、嫁の考えも姑の考えも少し柔軟性を持たせて、思い込みをすくなくするって、大事な気もするなぁ。

嫁は姑に対して身構えない努力、姑は嫁はこうあるべきっていう価値観を薄める努力もね。

 

ほなね!