ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

甘えたって、いいじゃないの~♪(オット)

つま子が書いていた自分の親には甘えすぎてしまう。という件。そして、パパもママの実家には気を遣うんじゃないかなって件。

確かに、お義母さんの誕生日に自分で料理を作ってもらうっていうのは、「オイオイ、甘えすぎ。なんで誕生日の本人が作ってるの!?」って思っていたオットです。

ぇも、このケースの場合、よくよく考えたなら、お義母さん、お義父さんもすごく喜んでたし、子育て大変だから娘を手伝いたいって気持ち出してくれていたから、あれはあれで良かったのかな、て思いました。

僕自身は気を遣いはしたけども、でも気を遣うに及ばずって、つま子の両親が態度で言ってくれてたような気がします。

そしてそんな甘えられる関係があるってことは、良いことなんだろう、って思います。
実の家族でも、ちょっと前に社員や株主を巻き込んで喧嘩してた大塚家具の父娘みたいに、大分もめるケースもあるよね(笑)

一方、義理の両親に気を回すのは、義理の両親と良い関係を作ろうと頑張ってるってことだと思う。
でも、今回みたいに、気を遣わないでもいいよ。ってサインがでてる時もあるかも知れない。

とは言っても気は遣うもんは遣うんで、つま子の「ありがとう」が嬉しかったり、つま子にも「お疲れ様」とか「ありがとう」って伝えたりしてるんだけどね。

ほなね。