ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

立ち合い出産が怖い、嫌なお父さんたちへ(オット)

オットです。

子どもを迎え入れる出産のときに立ち合い出産をする人の割合は年々多くなっているようです。でも、世の中のお父さんたちは立ち合い出産が怖い!嫌だ!、という人も多いんじゃないでしょうか?

 

僕の周りでも立ち合いしない、したくないという人は多いし、何しろ僕も怖かったので、立ち合い出産を怖がる気持ちはわかります。

 

僕の場合も、出産時の血を見て倒れない自信はありませんでした。

また、陣痛の痛みはすごいらしいし、痛みで凄い顔になって、めっちゃ叫んでいるという状況は恐怖です。

でも今なら言えます。「立ち合い出産をしてよかった!」

 

立ち合い出産を乗り切るために私たちが選択したことが2つあります。

 

一つ目はソフロロジーという呼吸法でした。

出産時の呼吸法は「ヒッヒッ、フー」というラマーズ法が有名ですが、

ソフロロジーはそれとはちょっと違います。
「陣痛が来ていて、息を吐いているときだけお産が進む」という事実に注目し、事前に陣痛のイメージトレーニングをする。

実際の出産のときはイメージトレーニング通りに息を吐くことに集中し、お産の痛みを和らげる呼吸法です。

 

実は、陣痛の痛みって一回あたりは「50秒とは続かない」んらしいですね。

陣痛って、ずーっと続くもんだと思っていたのでびっくりしました。

 

イメージトレーニングをすることによって、オットも出産の流れを理解できるので、サポートするにしても、すっごくやりやすくなります。

また、呼吸がうまくいくと痛みも大分少なくなるらしいです。(6割くらい・つま子談)

無駄に叫ぶことがなくなるんで、聞いている方も恐怖が少なくてすみます。

 

うちでは、ソフロメディカルサービス社のCDを毎日聞いてました。

これのおかげで、僕も血を見て倒れることもなく、感動の出産シーンを一緒に迎えることができました。

 

取り扱っている産院はまだ少ないようですが、たくさん本もでているし、講習もあったりします。一度試してみてはいかがでしょうか?

 

「ソフロロジー」なら出産の不安が喜びに変わる―フランス発の超・出産法

「ソフロロジー」なら出産の不安が喜びに変わる―フランス発の超・出産法

 

 

もう一つについては、また後日。