読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

病児保育という仕事の必要性。37.5℃の涙最終回感想(オット)

オットです。 遅ればせながら、37.5℃の涙の最終回を見ました。 主人公の母親役の浅野温子の毒親っぷり(演技力)がすごかった。 でも、オットの心に一番残ったシーンは別のシーンです。 本編ではさらっと描かれてあるだけです。 でも、そこで描かれているもの…

「子どものため」と「自分のため」の違い(オット)

オットです。 遅ればせながら、ドラマ「37.5℃の涙」の第8話を見ました。 オット的ベストキーワードは、 親が「子どものため」っていうときは大抵「自分のため」だよね。 ドラマに登場する、ある子どもが言ったセリフです。 どんな文脈で出てきたのか気になる…

毒母のハネムーン期にだまされるな!37.5℃の涙第5話(つま子)

つま子です。 いやぁー、37.5℃の涙第5話もなかなかハードでした。 毒母が主人公・桃子に夫の介護をさせるべく、 巧妙な手を使って、実家に呼びましたよ。 突然、「ごめんね」と謝る、「お母さんが焼いたアップルパイ好きだったもんねぇ」と(桃子はそこまで…

毒親・毒母の満たされない心、どうしたらいいんだろ?(つま子)

つま子です。 実は、このブログ、最近毒親だとか毒母っていう検索ワードで やってきてくれる人が多くなってます。 「親の悪口を言うなんてとんでもない」 「親がしんどいなんて、冷たい子どもだ」 っていう価値観の社会で、なかなか言えずに、 みんな、悩ん…

子供は親の所有物じゃない!「母がしんどい」感想(オット)

オットです。 前の記事でつま子が37.5℃の涙の感想として「毒親ってなんぞや?」って書いているけど、実はオット、毒親についてかなーりインパクトのある本読んだことがあります。 どれくらいインパクトがあったかというと、読んでて気分が悪くなった位(笑)…

37.5℃の涙・第1話「毒親ってなんだ?」(つま子)

つま子です。 前回の続き。37.5℃の涙で、病児保育士の仕事ぶり以外に もう一つ芯になる話がありそうです。 それが「毒親とのぶつかりあい・実家の介護問題」です。 確かに、原作が3巻までしか出てないのに1クールの連ドラとして成立させるんだったら、恋愛話…

37.5℃の涙・第1話「働くママは味方がほしいのに・・・」(つま子)

つま子です。 37.5℃の涙、第一話見ました! オリーブオイルいっぱい使って、朝から料理作る人も パパ役で出てましたね(笑)それは、いいとして・・・。 いやぁ~主人公はがんばりやさんではあるんですけど、 少し頑張る方向性が間違ってますねぇ。 病児保育…

幸せな子育て・介護をするために大切なこと(オット)

オットです。 まだ見れていないんですけど、37.5℃の涙のドラマ、スタートしましたね! 子どもが熱を出した時に、どうしても仕事を休めない親に代わって、自宅に訪問して子供の世話をする病児保育士が主人公の作品。 マンガがすごく骨太なんでドラマも楽しみ…

7月からのドラマ「37.5℃の涙」原作コミック1巻を読んでみた(オット)

オットです。 つま子が7月からの病児保育のドラマ、木曜ドラマ劇場『37.5℃の涙』 | TBSテレビの原作コミックを見つけてきたよ。 TBSは、マザー・ゲームに引き続き、今の育児問題に切り込んだドラマが続きますねー 普通の保育園は37.5℃以上の熱がでたら預かっ…