読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレスフリーな家庭を作る・オットとつま子のパパママ一年生

子どもが生まれちゃった!そこから始まる奮闘記

子育てにおけるTVの危険性

オットです。

 
今日はTVの危険性についてです。
 
TVが危険!?そんなことないだろ!
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。
たしかにオットも、子育てをはじめるまでテレビがこんなに危険なものとは思っておりませんでした。
 
でも、超危険なんです。
とは言っても、長時間のテレビ、ビデオが言語発達や社会性の遅れの原因になるという話ではありません。
もっと直接的かつ差し迫った危険があることを、これから子育てをする方々にぜひ知っていただきたいと思います。
 
その危険とは、テレビ倒壊の危険です。
 
今や薄型、大型テレビが中心です。我が家のテレビもそうです。
そして、薄型テレビって重心がわりと高いです。しかも台の上にのってます。
 
ということは小さな力で倒すことができるということです。
 
うちの子も、つかまり立ちしたころからテレビをバンバン叩いて揺らす。そんな感じでした。
 
段差を越えれるようになったら、今度はテレビ台の上に乗って、ゆっさゆっさ。
 
オットも「免震パッドでよい」と思ってた時期もありました。
でもめっちゃゆらしてます。
かなりの勢いでゆらしてます。
ビックリするくらいゆらしています。
 
しっかり固定してなければ、きっと倒れてたことでしょう。
 
テレビが倒壊すると破片とかで大きな怪我にもつながりかねません。
それにテレビは高価な家具です。
それが壊れることにより親が受ける金銭的心理的ダメージも計り知れません。
 
子供とテレビを守るためにテレビをしっかり固定してください。
 
明日は阪神淡路大震災から21年です。
身近な災害から身を守れる人を増やすために、もしよろしければ、この話を広く知らしめていただければと思います。
 
今日はここまで。ほな。

「ノロに屈しない!」パリのテロ事件の陰で(オット)

オットです。

 

2週間ぶりのブログ。

この間に、世間では、パリで無差別テロが起こって、多くの方が犠牲になったり、非常事態宣言がだされたり、えらいことになっていたようです。

 

実は我が家も危機的な状況になっておりました。

 

うちの乳児がノロウィルスの犠牲になり、下痢を繰り返す日々。

幸い嘔吐はなかったのですが、排出物を介した無差別ノロにより家族が全滅するというのもよく聞く話です。

 

そこで、つま子による「非常事態宣言」が布告されました。

強制的、定期的な換気・ふとん乾燥。ちょっとでも汚れたら、すぐ洗濯。

マスクとおむつ替え時には使い捨て手袋着用が義務づけられました。

 

やわらか手袋 ビニール素材 Mサイズ 100枚入

やわらか手袋 ビニール素材 Mサイズ 100枚入

 

 

そして、アルコール除菌じゃダメらしいので、除菌スプレー。

ノロとの戦いには必須の商品です。 ひたすらシュッシュしてました。

CNJ ウイル キラー 400mlスプレー レギュラータイプ
 

 

ここまで対策しててもうつるときはうつるらしいのですが、

うちはオット・つま子は無事。なんとか子どもだけで済みました。

 

※まだ下痢が止まってから1週間たっていないので、非常事態宣言解除は来週になる見込みです。

 

これからはやる時期なので、みなさんもお気を付けください。

ほなね。

性教育って大事だよね。(オット)

オットです。

 

昨日と同じく、コウノドリの第5話を見て思ったことです。

妊娠がわかった中学生がエコーを見て、「CGアニメみたい」とつぶやいたことがタイトルになっていましたが、オット的には、その次のセリフの方が心に残りました。

 

それは、

「2か月で予定日、それで産めたら、バスケの試合に出れますよね?」

というセリフです。

 

妊娠は、産んだらそれで終わりというものではありません。

体に無茶がかかるので、1か月間は安静にしないといけない。

 

実は、そのことをオットが知ったのは、妻の妊娠中です。

それまで知らなかったのです。

 

こんなに大事なことが義務教育では教えられないのです。

(今は違うかもしれませんが。)

 

しばらく前に女子に三角関数は不要と言った知事さんが大炎上しておりましたが、

オットも三角関数より性教育の方が大事だと思います。(もちろん女子だけでなく男子も(笑))

 

性について教えるのは、消極的な方も多いかもしれません。

でも、知らなくて困るのは、子どもです。

 

本当に子どものことを思うのであれば、小さいうちから積極的に教育が必要ではないでしょうか?

 

ほなね。

「中絶禁止」という少子化対策はどうだろう?(オット)

オットです。

 

コウノドリの第5話を見ました。

そこで、中学生の妊娠についてやっていたのですが、親が育てれない子どもに対しての養子縁組の話とかもあり、とても骨太でした。

 

見ていて思ったのですが、親が育てられない子どもを社会のほかの人が育てるというモデルは、少子化対策の切り札になるんじゃないか?

 

厚生労働省による統計での、日本の中絶件数は約19万件です。

年間の出生数が約100万人なので、約2割に相当します

もし、中絶を禁止したら、2割も子どもが増えるということになります。

 

ただし、中絶の理由は様々で、望まない妊娠だとか障害の問題とか産み分けの問題とか育てられない問題とか母体の安全とか、いろいろな原因があると思います。

今のまま、中絶を禁止したところで地獄を見ることになります。

虐待の温床になりかねません。

 

産んだ後のサポート体制を整えることとセットで対策をせねばなりませんが、少子化対策の一つとしてみたら、「中絶禁止」はどうでしょうか?

少子化に悩む日本にはぴったりの政策ではないでしょうか?

 

ほなね。

ハロウィン、お歳暮、クリスマス、お正月のコンボに疲れました

オットです。

 

つま子がツイッターでイベントについて書いているけど、 

 

オットの正直な気持ち。

もうイベントには疲れたよ。

 

ハロウィンが終わって町はお歳暮&クリスマスモード。

大量に送られてくるDM。

 

それ以外にも、毎日のように、「何々の日」ってあるよね。

例えば、11月11日はポッキー&プリッツの日とか。

 

そして、それに加えて、

スーパーセールとかお買いものマラソンとか大創業祭とかポイント5倍デーとか

毎日どこかしらでやっていない?

 

我が家は正直、子どもの行事は頑張っていた方だと思います。

( 下にリンクをはっとくので、興味のある方は、以下の記事を参考にしてもよいかもしれやせん。)

 

でも、最近のイベントの連続には、カネの香りしかしねえ。

その買え買えっていう雰囲気に疲れたよ。

あまり惑わされることなく、心穏やかに過ごしていきたいものです。

 

ほなね。

daskek.hatenablog.com

daskek.hatenablog.com

daskek.hatenablog.com

 

 

一風変わった幼稚園・保育園を選ぶということ(オット)

オットです。

 

子どもの保育園・幼稚園を決めるときに一番の障害になるのは、周りの意見ではないでしょうか?

それで、自分の判断に自信がなくなったり、説明に疲れてしまうことが一番の障害ではないでしょうか?

 

特に、我らの子どもに行かせたい園は、あまり一般的ではありません。

この地域で、一学年に10人くらいです。めっちゃ少ないです。

小学校で一人いるかいないかです。

 

こういうとき、想定されるのは、周りの「なんでそこにしたん?」って声だと思います。

この言葉に隠されているのは、「変わり者だ」、「一般的なものにしないのはどうかしてるぜ。」って言葉です。

 

でも、一番大事なのは、子どもに向くかどうか、そして親として信頼することができるかではないでしょうか?

一般的なものかどうかではありません。

 

 

もちろん、入りやすさとか通いやすさも大きい要素だと思います。

保育園とかは、待機児童数によっては、選べないこともあるかもしれません。

 

でも、選べるならば、子どもに向いたところを選んであげたい。

 

そして、やってみて合わなければ、方法を変えたらよいのです。

周りの目を気にして、不本意なところにいれるのはオットは何かが違う気がする。

 

ほなね。

 

どんな保育園や幼稚園が良いかな?わが子はのびのびと育てたい!(オット)

オットです。

 

つま子がツイッターにつぶやいたこれ↓

 

子どもの幼稚園、保育園ていうのは、どんなものを思い浮かべますか?

 

例えば、ミヤネ屋では、スポーツ幼稚園の話があったそうな。

例えば、うちのブログで取り上げた川和保育園、江戸川保育園 。

daskek.hatenablog.com

 

そのほかにも、うちの近所には、「超エリート教育」をする幼稚園があったり、

音楽に力を入れている幼稚園があったり、

リトミックや英語教育に力を入れている保育園があったり、千差万別です。

 

ママさん、パパさんの中には、「子どもにはこういう教育を受けさせたい!」という妄想をしている方も多いでしょう。

 

ちなみに、うちの子はまだ一歳になっていませんが、外で遊ぶのが大好きです。

公園に連れて行ったら、ずっと遊具や枯葉で遊んでいます。

ご飯と昼寝を入れたら、4時間くらい持ちます。

 

だから、オットとつま子が行かせたいのは、自然の中でたっぷり遊べる園です。

わが子には、そういう園が向いているのだと思います。

 

でも、自然の中でたっぷり遊べる園って意外と関西には少ないのです。

特にうちの近所は教育ママみたいな人が多い地域なので、たぶん需要が少ないと思うのです。

ということで、ちょっと距離があります。

 

その分、近所の園と比べると、通うのにちょっと苦労があります。

いっぱい遊ぶので、骨折とかの危険もないとはいいきれません。

 

もしかすると、自然の中で育つということは、都会では逆にエリート教育なのかもしれません。我らの望みが高望みすぎるのやもしれません。

 

でも、一回やってみて、向かなかったらやめたらよいさ。

何事もやってみるのが大事。

 

ほなね。